赤ワインとロゼの違い

赤ワインとロゼの違い
赤ワインは、白ワインとは違い、濃い色の「黒ブドウ品種」から作られています。ブドウを皮ごとつぶして発酵させて作られるお酒で、室温で発酵されます。

熟成されるほど濃い赤色のワインになり、味わいも重みのある物に変わっていきます。

アルコール度数は白ワインより高く、抗酸化物質であるポリフェノールも白ワインよりも多く、美容や健康に気をつけている人は赤ワインを選ぶことが多いようです。

ロゼワインは、簡単に言うと赤ワインと白ワインの中間のワインで、中間とは言っても赤ワインと白ワインを混ぜて作るのではなく、二つの製造法を混ぜて作ることからこう呼ばれています。

一般的な製法は濃い色のブドウが色づいたら皮を取り除きます。色としてピンク色になります。

ロゼワインは二つの製造法を混ぜている分、製法が多くあり、冷やしているものから室温のものまでさまざまです。

白ワインだと軽くて赤ワインだと重いといった人にはロゼワインがおすすめされます。

アルコール度数も二つのワインの中間となっています。

ロゼワインは二つの中間とは言うもののしぼり方などで色や味も変わってくるので、自分好みで作ることが可能になります。

そのため毎回同じような味や色合いになるかといったら違うでしょう。

赤は渋みがあり、白は渋みがなく、ロゼは渋みが少なくなっています。

ワインに関して知識が薄い人からすると、ロゼは中間なんだから二つを混ぜた味というイメージがありますが、二つの製法を兼ね揃えて作っているというのを聞くと深いワインなんだなと思いますよね。

どちらの製法も使うことで「中間」というのをとっているのでしょう。

味も中間に近付けることが可能なので、一番飲みやすいワインの種類かもしれません。

赤となると色を見て度数が高いイメージを持ってしまうけれど、ピンク色となるとそんな印象も薄れるので手が出しやすいワインというイメージになりますね。

ワインの製法を知っている人はロゼワインの二つの製法を兼ね揃えているというのに魅力を感じるのではないでしょうか。