「チューハイ」と「サワー」の違い

「チューハイ」と「サワー」の違い
「チューハイ」は「焼酎ハイボール」の略で「酎ハイ」とも書きます。チューハイの起源は焼酎を炭酸水で割ったものです。

「サワー」は蒸留酒にレモンやライム等の酸味のあるジュース類で割ったものです。ですが最初は炭酸が入っていなくてもサワーとして通っていました。

現在ではチューハイに果汁の類を混ぜる事が当たり前となっていて、サワーには炭酸を入れることが普通となっています。チューハイとサワーが寄り添っていった結果、現在では二つのアルコール飲料に、特に大きな違いはありません。

強いて挙げるとするならば、チューハイのベースとなるアルコールは焼酎であると決まっていますが、サワーは焼酎以外のアルコールでも良いというのが違いと言えます。

歴史を辿って見ますと、チューハイは、昭和20年、終戦後間もない日本でのお酒は、メチルアルコールを揮発させた「バクダン」や出所不明の「カストリ焼酎」しかなく、双方とも「闇市」でしか手に入りませんでした。それぞれ異臭を発するため、ブドウや梅の風味のシロップを混ぜて飲まれていました。これが最初のチューハイの起源です。

一方サワーは1960年代初旬、居酒屋では日本酒か焼酎がメインでした。安く出して多くの人にアルコールを飲んでもらおうと考案されたのが「甲種焼酎」でした。しかし、これにはお酒独特の風味がありませんでした。

人々は何とか美味しく焼酎を飲んでもらうために、レモン汁を入れて炭酸で割るという手法を考えました。それらは「焼酎ハイボール」などと呼ばれていましたが、いまいちな名称とされていました。

サワー発祥の地とされるもつ焼き屋「ばん」では、店長と常連のお客さんが何か良い名前はないものかと考え、お客さんの一人が蒸留酒にジュースを混ぜた「サワー」というカクテルがある事を思い出し、後の「ハイサワー」の語源となっています。

重複しますが、お店によって呼称が違うだけで、ほぼ同一のアルコール飲料です。