コップ、カップ、グラスの違い

コップ、カップ、グラスの違い
それぞれ、人によってイメージも違うようです。カップは熱いものやコーヒーなどを飲むときに使うもの、コップは冷たいお茶やジュースなど飲むときに使うもの?コップは冷たいお茶やジュースなど飲むときに使うもの?

グラスはワインを飲むときに使う?グラスはガラス製?カップは陶器?コップはグラスやカップひっくるめたもの?など、イメージによって異なるそうですね。

コップは、飲み物用容器全般の事を指し、カップとグラスもコップのことです。カップとグラスの違いは取っ手の有無と素材にあります。

カップとは取っ手がある暖かい飲み物用のコップのことです。グラスとは取っ手のない冷たい飲み物用で、ガラス製のコップのことです。

コップとは、英語ではcupで、飲料を入れる容器全般のことをいいます。取っ手の有無や素材などは関係なく、全部cupです。

カップはオランダ語で「飲料を入れる取っ手のある容器」(kop)が由来です。日本では、オランダ語のkopと、英語のcupが混在してしまったので、このように複雑になってしまいました。ワイングラスは取っ手がないのでグラスです。優勝カップは取っ手付きなのでカップです。

マグカップも取っ手付きなので、カップです。ジョッキはコップに分類されますが、カップでもグラスでもなく、取っ手付でガラス製のため、カップにもグラスにも分類できません。

カップ麺のカップは取っ手はついてないのに何故「カップ」かというと、カップ麺の開発時、安藤百福がアメリカでコーヒーカップにチキンラーメンを入れて食べてられているのを見て、カップ麺を思いついたのが由来です。

耐熱の取っ手付のガラス容器はグラスに分類されるのか、カップに分類されるのかですが、これは、耐熱ガラスの「カップ」です。

分類は、素材よりも形状の見た目や温冷、取っ手の有無が優先されます。他にも、カフェオレボウルなど、暖かいものを入れる取っ手のないカップのようなものもあります。

このように飲料容器にはさまざまな素材、形状のものが生まれてきて分類しづらくなってきましたが、カップとグラスは両方ともコップ、取っ手の付いたコップはカップ、取っ手がなく冷たい物を入れるものはグラスが一般的です。