ウイスキーのシングルとダブルの違い

シングル ダブル 違い
ウイスキーのシングルとダブルの違いは、洋酒を飲む際の一杯あたりの量の違いのことです。

シングルは、一杯の量は日本では30ミリリットルです。なのでダブルは2倍の60ミリリットルのことを指します。

他にも蛇足ですが、お酒の用語で、お酒一杯のことを「ワン・ショット」といいます。アメリカで言い始められた表現ですが、「強い酒を一杯やるか」、「強いのを一杯」の意味合いが転じて行き、いつのまにか一杯分を示すようになりました。

ワン・ショットつまりシングルに明確な規定量があるかというと、国やお店によってまちまちです。

日本やアメリカではスプーン2杯位の量、30ミリリットルが標準的ですが、ジガーという液量単位があり、その量は45ミリリットルです。

イングランドとスコットランドの液量は異なり、イングランドのシングルは、45ミリリットルです。だからワン・ジガーかと思えばいいのかというと違います。

イングランドのワン・ジガーは60ミリリットルが標準で、スコットランドではシングル60ミリリットルと、日本やアメリカのシングルの2倍の量です。

アイルランドはもっと太っ腹に75ミリリットルを注ぐ店が多いそうです。
 
ウイスキーのシングルは前途の通り日本では一般的に30ミリリットルを示し、ダブルはその2倍ですが、明確な量ははっきりとは言えません。「ダブルで」と言ったら、最低は60ミリリットルは飲みたいですよ、という事を示しています。

液量がどうこうよりも、たっぷり飲みたいという事を暗示しているのがダブルという事でしょう。

また、バーで一杯にかける時間は20分程度が目安です。あまり時間をかけると冷たいお酒も温まってしまうし、氷を浮かべたものなら水っぽくなってしまいます。

シングルとダブルの違いはおおよそ2倍違うということです。そしてだいたいの量であって、店によってシングル・ダブルの量はまちまちだということです。ちなみに30ミリリットルは1オンスとも言います。