カポナータとラタトゥイユの違い

カポナータとラタトゥイユの違い
カポナータもラタトゥイユもトマトベースの夏野菜煮込みです。
材料もほとんど同じなので混同しますが、この2つの違いとは?

カポナータはイタリアのシチリア島及びナポリの伝統料理です。
カポナータの語源は、すぐに提供できる料理を置いている「居酒屋」を意味するラテン語の「カウポーナ」からきています。

カポナータの主役はナスで、日本のナスとは形が異なるシチリアナスです。
イタリア料理であるのがカポナータで、揚げたナスを甘酸っぱいトマトソースで煮て、白ワインビネガー(酢)と砂糖で味付けをしてあります。

日本風に言うと「揚げナスの甘酢煮」という感じでしょう。
砂糖の代わりにココアパウダーを加えることもあり、ゆで卵やカラスミ、マグロの卵、オイルサーディン、タコ、エビなど魚介が入る場合もあります。

ラタトゥイユは、南フランス・プロヴァンス地方、ニースの野菜煮込み料理です。
フランス料理であるのがラタトゥイユです。ラタトゥイユの主役はズッキーニです。
ラタトゥイユは、カポナータと同じくトマトベースソースでラタトゥイユの味付けは基本的に酢や砂糖は入りません。

ラタトゥイユはオリーブオイルで順々に野菜を炒めて煮込みます。

シチリア(イタリア)とニース(フランス)の位置関係は、いずれも地中海に面しています。
作りやすさはラタトゥイユの方でしょうか。(ナスを揚げなくていいため)
でも呼びやすいのはカポナータの方ですね(トゥが難しい)

因みに同じトマトベースの料理で混同しやすいのがミネストローネですが、こちらはイタリア料理で、野菜に加え、パスタや米が入ったりしてます。

ミネストローネとはイタリア語で具沢山との意味なので、必ずしもトマトが入っていないとダメというわけではないです。

カポナータとラタトゥイユ、微妙な違いでしたが、イタリアかフランスどちらかが、片方の国に伝えて変化したのではないかと推測されます。
カポナータなどの夏野菜の煮込みは地中海各地でよく見られます。