「コンソメ」と「ブイヨン」の違い

「コンソメ」と「ブイヨン」の違い
フランス料理などの洋食には「コンソメ」や「ブイヨン」等が使われていますが、この2つの違いを知っていますか?この2つは仕込み方に大きな違いが存在します。

ブイヨンとは、肉と野菜を長時間煮出して作る汁のことで、そのまま飲むものではなく、スープや煮込み料理を作る際のベースとして使います。日本料理で言うところの「だし」にあたる物ですね。

ブイヨンにも様々なものがあり、牛肉および牛の骨からとったブイヨンは「ブイヨン・ド・ブフ」と呼び、鶏肉や鶏の骨からとったものを「ブイヨン・ド・ヴォライユ」、野菜からとったものを「ブイヨン・ド・レギューム」、魚からとったものを「フュメ・ド・ポワゾン」と呼びます。

これらのブイヨンを料理ごとに使い分けることで料理の味をより引き立てることが出来ます。例えば、鶏肉のブイヨンならオムライスやパエリア、リゾット等に適しています。牛肉ブイヨンならば、カレーやハヤシライス、ビーフシチューといった煮込み料理におすすめです。

一方、コンソメはフランス語で「完成された」という意味で、ブイヨンに肉、野菜、調味料などを加え、灰汁をとりつつ数時間煮出してそのままスープとして飲むように作ったものの事を指します。

日本ではブイヨンと混同されることも多く、「西洋料理に用いるだし」全般がコンソメと呼ばれることも少なくありません。理由としては、固形ブイヨンを「コンソメ」の名で発売したことで、誤解してしまう人が多かった事が挙げられます。

現在では、スーパーなどで固形または粉末状にしたブイヨンが販売されており、時間をかけずに手軽に洋食を作ることが可能となっています。また、使い方次第では洋食だけでなく、和食や中華料理にも使うことも可能です。

まとめると、「ブイヨン」は野菜や肉を煮込んで作る「だし」のようなもので、「コンソメ」はそのブイヨンを使って更に煮込んだスープということになります。洋食に欠かせないものなので、料理ごとに使い分けていきたいものですね。