「しらたき」と「糸こんにゃく」の違い

「しらたき」と「糸こんにゃく」の違い
「しらたき」と「糸こんにゃく」。どちらも鍋や煮物に入れて食べると美味しい食材ですが、見た目が似ているため、この2つの違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。実はこの2つは、作り方や誕生した地域などに大きな違いがあるのです。

まず、この2つの材料は基本的に同じ物です。どちらもコンニャクイモを粉末状に加工したものに、石灰乳を混ぜて作られます。糸こんにゃくの方は黒っぽい色をしているため、材料が違うと思っている方も多いですが、この黒い色は海藻粉をいれて着色しているだけで、黒いしらたきも存在するのです。

この2つの決定的な違いは、作り方にあります。糸こんにゃくは固めたこんにゃくをところてんのように押し出して作ります。また、普通のこんにゃくを細く切って作る場合もあります。

一方、しらたきは固まっていない状態のものをじょうろのようなところから出し、お湯の中に流し込みます。流し込んでいるうちに固まったものがしらたきとなります。この時に出てくる固まっていない状態のものが白い滝のように見えることから“しらたき”と呼ぶようです。

この他にも太さの違いも存在しています。具体的には糸こんにゃくは4~8mmに対し、しらたきは2~3mmであるとされています。また、誕生した地域の違いもあり、糸こんにゃくは関西で誕生したのに対し、しらたきは関東で誕生しました。そのため、関西では糸こんにゃくが多く食べられ、関東ではしらたきが一般的となっています。

しかし、近年では糸こんにゃくの製法も、しらたきのように固めずにお湯の中に流し込んで作るものも登場しています。さらに、関西ではしらたきのことも糸こんにゃくと呼ぶこともあるようです。

簡単にまとめると、「糸こんにゃく」と「しらたき」の違いは“製法”と“誕生した地域”の違いだったということですね。また、最近では欧米など海外において、しらたきが健康的な食品として注目を浴びる事があるようです。