「もりそば」と「ざるそば」の違い

「もりそば」と「ざるそば」の違い
蕎麦屋のメニューを見ると、「もりそば」や「ざるそば」といったメニューがあるかと思いますが、違いが分からないという方も多いのではないかと思います。海苔が載っているかどうかという説もありますが、この2つは誕生した経緯に大きな違いがあるのです。

江戸時代の元禄の頃、ぶっかけそばが流行っていました。これは既に汁をかけた状態のそばのことで、これと区別するために、従来の汁につけて食べるそばを「もりそば」と呼ぶようになりました。「もりそば」の「もり」というのはそばを高く盛った様から名付けられたようです。

その後、器にこだわった蕎麦屋が数多く登場し、江戸の深川に存在した「伊勢屋」という蕎麦屋では、そばを竹ざるに盛って出した所、見た目が良く、水切れも良かったためにそばの器にぴったりと好評になりました。こうして「ざるそば」が誕生したのです。

また、この「ざるそば」には、ざるつゆという、もりそばで使われていた汁とは違うものにつけて食べていたようです。これは、もりそばの汁に御膳かえしという、普通の「かえし」に同量のみりんを混ぜて作ります。

当時、高価だったみりんを贅沢に使った、甘くて濃厚な味のつゆだったようですが、現在ではこのざるつゆを作る店は少なく、非常に珍しいものとなっています。

現在では一般的になったそばの容器として知られているものに「せいろ」があります。しかし、蕎麦屋に行くと、メニューには「ざるそば」と書いてあるのに実際にはせいろに盛られて出てきて疑問に思ったことが一度はあるのではないでしょうか。

これは、ざるでは出前で持ち運ぶのは難しいため、重ねて持ち運ぶことの出来るせいろにそばを盛るようになったことが始まりとされています。しかし、「ざるそば」という名称が定着してしまい、せいろそばと呼ぶことが出来なくなってしまったのだそうです。

このように、「もりそば」は器に盛って、つゆにつけて食べるそばのことをいい、竹ざるに盛ったものを「ざるそば」と呼ぶようになったようです。