「ピラフ」と「チャーハン」の違い

「ピラフ」と「チャーハン」の違い
ピラフとチャーハンの違いは何でしょうか。具の入った同じ暖かいご飯ではないのでしょうか。ピラフは洋風でチャーハンは中華風?なんて味付けが違うと考えがちですが、違うのは製造法です。

ピラフは炊いてないお米を油で炒めてからスープで炊く料理です。
チャーハンは炊いたお米と卵を一緒に油で炒める料理です。
チャーハンとピラフは作る工程が違うのです。

チャーハンとピラフの原型になったのはインドの「プラーカ」という料理です。このプラーカがトルコに持ち込まれて「ピラウ」となり、フランスで「ピラフ」となりました。

同じ時期にプラーカは中国に伝わり、チャーハンの原型となりました。中華料理では、点心料理の一種として「炊いた米を炒める」のですが、台湾料理のチャーハンは、ピラフのように「スープで炊いてから炒める」料理なのです。

チャーハンの原形もピラフの原形もインドのプラーカにあります。つまりチャーハンとピラフは遠い親戚なものと言えます。世界三大料理といえば、中華・フランス・トルコですが、チャーハンはその世界三大料理に跨る料理です。

チャーハンといえば中華料理の代表格でもあります。チャーハンもピラフも一応「米」を油で炒める点は一緒ですが、チャーハンは卵とともに炒め、中華風ですと熱せられた中華鍋を使い、強い火力でたっぷりの油で素早く作るのでご飯粒のひとつひとつが卵でコーティングされパラパラの状態になります。

ピラフもやはり洋風の代表格と言えるでしょう。生米とタマネギのみじん切りをバター等で炒め、肉野菜等を加えたスープ(ブイヨン、コンソメ等)で炊いた料理でトルコ(ペルシャ)等。中近東起源という違いもあります。ライスには歯ごたえがあり、ピラフ以外にもサフランを使ったスペイン料理パエリア等も炊き込みご飯です。

まとめるとチャーハンは炊いたご飯を卵と炒めて中華風に仕上げた焼き飯、ピラフは炊いてないご飯を油で炒めてスープで炒めたフランス起源の洋風焼き飯ということです。しかし最近は炊いたご飯をバターで炒めて洋風にしたものもピラフと呼んでいる料理店も多いです。