アイスクリーム、ジェラート、シャーベットの違い

アイスクリーム、ジェラート、シャーベットの違いを説明させていただきます。
アイスクリームは多くの人が口にしたことがあると思いますが、アイスクリームは牛乳・生クリームなどの乳製品などを原料にして、冷やしながら空気を含むように液体をかき混ぜてクリーム状にし、これを凍らせたものをアイスクリームと言います。

ジャラートはイタリア語で「凍った」という意味を持ち、果汁、果肉、牛乳、砂糖などを混ぜたものを凍らせて作ります。よくジェラートに果肉が入っていたという経験はありませんか?

またアイスクリームと比べて空気を含む量が35%未満と少ないので、味が濃く、比較的低カロリーです。

シャーベットは果物などから作ったシロップを水で薄め、砕いた氷を入れて冷やした飲料を意味しています。シャーベットの特徴は凍るのも溶けるのも遅く、他の食べ物と合わせて食べることができます。

上記の内容を見るとアイスクリームは空気を含みながら液体をかき混ぜ、凍らすこと、ジェラートは果汁、果肉などを混ぜて凍らせて作る、シャーベットは果物から作ったシロップを水で薄め、砕いた氷を入れて冷やしているということがわかりました。

私たちにとってアイスクリームもジェラートも、シャーベットも冷たくておいしいという印象を持っているとは思いますが、作る工程が違うということを知ることがなかったかと思います。

アイスクリームは冷やしながら液体をかき混ぜているので、ジェラートやシャーベットに比べて時間がかかっているのでしょう。ジェラートも果汁や果肉などが入っているということと、空気を含む量を考えると簡単には作れないかと思います。

食感はアイスクリームは食べたときに冷たいクリームが口の中に広がり、ジェラートは果肉や果汁のおいしさが広がり、シャーベットは冷たさと一緒に氷の食感も感じることがあるかと思います。それぞれ違う作り方をしているからこそ、違う味わい方ができると思います。

是非アイスクリーム、ジェラート、シャーベットの違いを実感してみてください。