「そうめん」と「ひやむぎ」の違い

「そうめん」と「ひやむぎ」の違い
そうめんとひやむぎの最大の違いは「太さ」にあります。そうめんは太さが「1.3mm」まで、ひやむぎは「1.3mmから1.7mm」までとJAS規格で定められています。「1.7mm」を超えると「うどん」という大まかな定義があります。

また手作りを行う工程が違ってきます。そうめんの場合、小麦を塩水でこねます。次に油を塗りつつ、手で引き伸ばして細くしていきます。

ひやむぎの場合は、小麦を塩水でこねるところまではそうめんと一緒ですが、そこから麺棒で薄く延ばした後、折りたたみ、細く丁寧に切ります。蕎麦に近い作り方となります。

細かい違いではまず材料です。そうめんは「小麦粉」「塩」「水」「油」を用います。ひやむぎは「小麦粉」「塩」「水」を用います。製法は上記に述べた通りです。

熟成方法も違ってきます。そうめんは乾麺にした後に熟成を行い、ひやむぎは乾麺にした後熟成させません。熟成を行っている間に油が抜けて、冷暗所により一夏の間熟成を可能にしたものは「ひねもの」と呼ばれる最高の一品と呼ばれています。

ちなみに豆知識として、あまり知られていませんが「徳島県」の半田そうめんはひやむぎと同じぐらいの太さがありますが、特別にそうめんとして認められています。理由は規格が定められる前に半田そうめんは作られていたからです。

その他の知識としては、富山県にある「大門素麺」は油を使わない手延べそうめんです。宮城県の「白石温麺」や秋田県の「稲庭うどん」も同様に作られています。

まとめますと、そうめんとひやむぎの違いは精製方法が異なる事が一つ、材料に「小麦粉」「塩」「水」を使うのは両方一緒であり、「油」を使うのが「そうめん」、使わないのが「ひやむぎ」です。

そして最大の違いであるのが、JAS規格で定められている麺の太さです。麺の太さによって「そうめん」であるか「ひやむぎ」であるかという違いとされています。太さによりJASによる規格が違うという認識で良いです。