「ソテー」と「ムニエル」の違い

Imacon Color Scanner
フランス料理のお店に行くと「○○のソテー」や「○○のムニエル」というメニューを見かけます。非常にこの二つの違いを説明する前に、それぞれの語源を考えてみます。

まずソテーはフライパンや厚手の鍋に少量の脂を引き、「強火で焼いて炒める」という調理方法です。また短い時間で調理を行うために材料を、小さく薄く切ります。またソテーには「飛ぶ」という意味があります。これは炒め物をしている時に材料や脂が跳ね上がる様子を意味しています。

次にムニエルです。こちらは「魚の調理方法」の一つです。水気の無い魚の切り身に小麦粉などの「粉をまぶして、バターで焼く」という調理方法です。またムニエルはフランス語では製粉業者や粉屋という意味があります。ソテーもムニエルも調理方法の一つです。調理の仕方が違うので名称が変わっているのです。

その昔、製粉業者で働く娘さんが、粉の中に魚を落として、粉にまみれた魚をそのままバターで焼いてみたらたまたま美味しかったという逸話があります。

魚を調理する事が「ムニエル」であるという意味ではありません。「ソテー」は小麦粉をつけませんが「ムニエル」は小麦粉をつけます。「小麦粉をつけてソテーすること」と思ってもらえれば良いでしょう。

ソテーとムニエルの決定的な違いは、小麦粉をつけるかつけないかです。それから基本的にはムニエルは魚料理に用いられる言葉です。

要約してみます。ソテーは「バターを用いて焼いたり炒めたりする調理方法」で、「小麦粉は使用しない」ところがポイントです。ムニエルは「小麦粉をつけて魚をバターで焼く」ところがポイントです。

重複しますが「小麦粉」を「つけるかつけないか」が、「ソテー」と「ムニエル」の違いです。その他は、それ程大きな差があるわけではありませんので、特に違いは見当たりません。

「ソテーとムニエルはどう違うの?」と問われたら、「調理する時に小麦粉をつけるかつけないか」と答えれば良いです。この用語の違いについてはそれ以上大きな差異はありません。