寿司と鮨の違い

寿司と鮨の違い

おすしは日本でも多く食されるものですが漢字はいくつかに分けられ、それぞれに意味があります。

すしという言葉自体は、酸っぱいものとしての意味で「酢し」と呼ばれていたのがもともとの語源だという説があります。

まず昔からすしは「鮨」または「鮓」で今よく使われている「寿司」は「スシ」というリズムに合わせて縁起の良い字をうまく当てはめた完全な当て字であり、今となってはスシの総称として使用されています。

寿司は色々なすしの総称できゅうりやトマト、なすびなどを総称して野菜と言うのと同じことです。寿司と野菜は同格ともいえます。

寿司の字の由来は寿を司るという意味の字があてはめられたかは正確にはわかりませんが、結婚式やお祭りなどのお祝い事の時におすしがメインで出て来るためではないかという憶測が立てられます。

鮨は普通の鮨をいい、握り鮨、押し鮨、箱鮨などがあり、寿司が使われ始めた頃に出てきた巻き寿司や稲荷寿司などは、鮨と表記されることは珍しいですよね。

私たちは、「寿司」という表記に見慣れている事もあり、「鮨」といった表記される物をなかなか見かけません。今となっては「寿司」が当たり前になっており、「鮨」ってどう読むの?と思う人も多いのではないでしょうか。

まず若い人は「鮨」と表記されていたことなんて知らない人も多いと思います。

寿司が当て字だとしてもしっくりくるのはやっぱりこの漢字だと思ってしまいます。

当て字というのもびっくりですが、漢字からして無理矢理くっつけた感じもしますよね。「寿」という字が使われている点からも「お祝い」といった行事などに用いられることが多い事もうかがえます。

寿司という表記は昔はされていなかったというのも時代というのは怖いもので慣れてしまい、この表記が正しいと思いこんでいる点がありますが、さかのぼると色々なことが浮かび上がってくるので驚きと発見があります。

まとめますと、寿司は当て字で鮨は普通の一般的である鮨ということです。