卵と玉子の違い

卵と玉子の違い
卵とはメスの動物が受精の卵細胞や受精し胚発生が進行した状態で体外へ生み出されるメス性の生殖細胞と付属物の総称のことを言います。卵細胞そのものを「卵」ということもあります。

玉子とは主に鶏卵で球形の物の総称でもあります。

こういったように難しい言い方もできますが、簡単に一般常識で使い分けというのは、「卵」というのは殻がある状態のことを意味し、「玉子」は料理を終えた後のものをさします。なので、「玉子焼き」といった使い方をするのでしょう。

玉子は主に鶏卵が多く、最初の形は「卵」も「玉子」も同じものですが、火を通すか通さないかで、漢字が変わるというのは一つの豆知識でもあります。

知らない人も多いのではないでしょうか。

ただ単に使いたい方を使えばいいというわけではなく、それぞれに意味があり、使い分け方も存在するようです。

食用に使われるものも玉子と表記するようで、何気なく普段から食べているものは「玉子」ということになり、「卵」と思っていたものが覆されたかのように思えます。

玉子焼きも卵焼きと表記してしまうときもありますが、正しくは玉子焼きで、そういった常識は辞典などで確認すると多くの違いに気付かされそうですよね。

身近なものにもこんな意味があったんだと思うと面白みが出てきます。

たまご以外にもいくつも漢字が分かれているようなものはこういった明確な違いがあるのでしょうか。

身近なもので気になることから調べてみるのもいいですよね。