野菜と果物の違い

野菜と果物の違い
野菜は一般には食用の草本植物をいいます。しかし野菜の明確な定義づけは難しい問題とされています。園芸学上において野菜とは「副食物として利用する草本類の総称」をいいます。

イチゴやスイカ、メロンは園芸分野では野菜として扱われ、農林水産省の「野菜生産出荷総計」でもイチゴ、スイカ、メロンは「果実的野菜」として野菜に分類されていますが、青果市場では、イチゴ、スイカ、メロンは果物として扱われています。

また、日本食品標準成分表において「野菜類」とは別に「いも類」として扱われているものは一般には野菜として扱われています。

かわって果物は、食用になる果実を表しています。狭義には樹木になるもののみを指します。

また、多年性植物の食用果実を果物を定義する場合もあり、農林水産省でもこの定義を用いています。一般的には食用になる果実及び果実的野菜のうち、強い甘味を有し、調理せずそのまま食することが一般的であるものを「果物」「フルーツ」と呼ぶことが多いです。

日本では果物はビタミン源や嗜好品や贈答品として利用されることが多いですが、乾燥した国では水分の補給源として重要な役割を果たしています。また果実を乾燥させて、ドライフルーツとすることも多いです。

果実を乾燥させた場合には糖分の濃度が高くなるため保存に適します。

野菜と果物の違いについては、野菜というのは一年草であり、果物というのは多年草です。簡単にいうのであれば、食用にするために畑などに作る植物が野菜といってもいいでしょう。

そして果物は木などになる果実で、食用となるものを果物と呼びます。そのためトマトやスイカなどは野菜の方に当てはまります。

かわってミカンがブドウなどは果物に当てはまります。また野菜は種をまいて半年で収穫できるもので、果物は種をまいて数年育ててできた実を食べるものとなります。