カポナータとラタトゥイユの違い

カポナータはシチリアおよびナポリの伝統料理です。

「シチリアのカポナータ」・・・シチリアのカポナータは揚げ茄子の甘酢煮です。カプナータ、カプナテカプナティーナとも呼ばれます。
イタリア全土で有名な料理で、スペインのカタルーニャから渡来したと考えられています。

茄子を一度オリーブオイルで揚げ、別鍋にオリーブ油で炒めたたまねぎ、セロリ、トマト、オリーブ、ケッパーと合わせて白ワインで軽く煮込み、塩、砂糖で調味したのちに、バジリコをちらして常温で供します。

仕上げにココアパウダーを加えることもあり、ゆで卵やカラスミ、マグロの卵、オイルサーディン、たこ、えびなど魚介類が入る場合もあります。

カポナータと似た夏野菜の炒め物は、地中海地方各地でよく見られます。
日本では南イタリアのチャンボッタと混同されることが多いですが、野菜の種類が異なる

場合があり、甘酸っぱい味付けにはしない点が異なります。
また、フランスのラタトゥイユとも似ていますが、こちらも普通砂糖や酢は入れません。

「ナポリのカポナータ」・・・ナポリのカポナータは、水に浸して戻した幹パンとトマト、ニンニク、オレガノを塩とオリーブ油で和えたサラダ状の料理です。

アックァ・サーレとも呼ばれます。

乾パンはパネ・ビスコッタートまたはフレセッレと呼ばれるものを用います。

バジリコやパセリ、玉ネギ、オリーブ、ツナの油漬け、ケッパー、茹でたさやいんげん、アンチョビ、ピーマンや唐辛子の油漬け、茄子の油漬け、きのこの酢漬けを入れることもあります。

一方で「ラタトゥイユ」は・・・フランス南部プロヴァンス地方、ニースの野菜煮込み料理です。

玉ねぎ、茄子、ピーマン、ズッキーニといった夏野菜をにんにくとオリーブ油で炒めて、トマトを加えて、オレガノ、バジル、タイムなどの香草とワインで煮て作ります。

うまみを出すためにベーコンなどの肉類を入れたり、唐辛子を用いる工夫があります。

そのまま食べるか、パンと共に食べます。パスタソースにすることもあります。
白ワインと合い、熱い状態で食べても冷えた状態で食べてもいいです。

軍隊や刑務所で出される料理であったため、「臭い飯」として同義語で使われることがあり、まずい料理、粗末な料理の代名詞としてフランス人の口に上る事もありますが、新鮮な野菜で作られたものは「ニース名物」の名に恥じないのは勿論です。