関東と関西と食べ物の違い

関東 関西 食べ物 違い
関東と関西では同じ食べ物でも形が異なったり、味付けに違いがみられるようです。

関東ではだしといえば鰹だしと薄口しょうゆを合わせたもので、つゆは飲まずに絡めるものとされています。

一方で関西ではだしといえばこんぶだしと薄口しょうゆを合わせたもので、つゆをだしととらえることから汁まで飲むことが多いようです。

関東でたぬきうどんが主流なのに対し、関西ではおあげを刻んだ刻みうどんというものがあります。いたってシンプルでおあげのほかには刻みねぎが入っています。関西にはきつねそばやたぬきそばというものは存在しないようです。

食パンにも違いがみられ、関東では6枚切りですが、関西では5枚切りとなっています。この違いは、関東ではパリッとした食感が好みなのに対し、関西ではお好み焼きやタコ焼きといったモチっとした食感を好む人が多いという違いの表れでしょう。

ねぎは関東では下仁田ネギが知られており、関西では九条ネギが知られています。どちらも有名なネギとなっています。

おにぎりといった呼び方は関西ではせず、おむすびといいます。それは俵形だからでしょう。幕末に食べる内弁当に入るふっくらした俵形なようです。関東では三角の一般的なおにぎりで、武士が持ち歩くために強く握れる三角になったようです。

反対にいなりずしは形が関西と関東では逆で関東が俵形、関西が三角となっています。

こうして比較してみると同じ食べ物でも形や呼び方に違いが見られたり、食文化の違いが見受けられます。好き好む食感も普段食べているものによって変わり、それによって変わってくることがわかります。

こういったものを挙げてみると自分の地域と他県の違いに気づき、「どこもそうだと思っていた」という決めつけというものがなくなり、面白いものです。

食べ物は同じでも味付けも関東は薄めに対し、関西では味付けの濃いものが主流となっています。

こういったところもその地域で変わってくるのでそれぞれが違った味のものを食べると味が薄いまたは濃いと感じたりするでしょう。

自分の地域の味に誰もが慣れているので、ほかの味付けにはなかなかなれませんが、こういった違いは知っておくとなるほどと思いますよね。