中華そばとラーメンの違い

中華そば ラーメン 違い
中華そばは、中国風そばのことをいい、和風であっさりした味が特徴で、鰹と昆布だしから作られていることが多いです。

昭和20年代のまだ食料事情が完全に解決していない時代に、そのころ栄養価が高いということで中華そばが有名になりました。

黄色の麺に普通のそばだしを中華風にアレンジしたもので、それに豚肉を少し加えたものでした。当時は食堂でそばといえば中華そばを差し、普通のそばは日本そばと呼ばなくてはならず、明治初期には南京そばと言われていました。

「南京」「支那」「中華」はいずれもすべて中国を表しています。時代によってこの3種類の言葉は移り変わっています。

ラーメンは、日本風中国麺のことをいい、日本醤油ベースを基本としたあっさり味のものから、豚骨や塩味のものもあります。

ラーメンの語源は函館で、横浜で醤油味の支那そばが生まれ、そこから函館に広まりラーメンという名称が付きました。

函館ではラーメンのことをチャンコロそばといい、チャンコロは中国人の蔑称を表しています。中国人のコックが出来上がるときにかける掛け声に「ハオラー」というものがあり、その音からラーメンという名が浮かんだようです。

中華そばは名前が時代とともに変わっていて、それでも中国という意味合いは変わらず使われています。中華そばとラーメンはベースの味も違います。見た目は似ているものでも食べてみると味は異なりよくわかるでしょう。

中華そばは黄色の麺が主ですが、ラーメンは白い麺もたくさんありますし、細麺から太麺まであります。

細麺は喉にするっと入りやすく、太麺は長崎の方ではちゃんぽんとして使われることも多いです。そして味の種類も豊富で日本人からは愛される食べ物です。

こういった掛け声から生まれる名前や、中国という意味の言葉の種類は多くあるものの、そこの変化以外は変えないといった中華そばはおもしろいですね。

この二つはいずれも中華ということと麺類というところが共通点で、違いというものは多くあるようです。