「動物性」と「植物性」生クリームの違い

「動物性」と「植物性」生クリームの違い
動物性生クリームは牛乳を原料とした乳脂肪になるため、味はとてもコク美味しくて
お菓子作りをする際には、動物性生クリームが向いています。

そして、ホイップになったらとても硬くてしっかりと角が立って見てわかるとおり重くなってるのが動物性になります。そして、動物性のクリームのメリットは味が濃くて風味があり、しっかりしたコクと旨味で風味があってとても美味しいのが特徴で、デメリットは価格が高くコレステロールが高くカロリーが高いですし、泡立ちにくくて、時間がたつと解けたりして賞味期限が短く色が黄色くて分離しやすいのが特徴になります。

スプーンなどですくってもわかるとおり、動物性は重くてしっかりしていて泡立てるときめ細かいクリームになり泡立てが完成するまで大体1分少しで完成します。
動物性だけでケーキを作ると時間によりだれてしまうため、動物性と植物性を混ぜて使うと綺麗に仕上がって時間が経ってもだれず、カロリーなども半減されるため、お菓子作りにあった使い方をすると、美味しく出来上がります。

植物性生クリームは、植物油から添加物で加工した生クリームになります。しかし動物性と比べてコクや旨味が少なく、あまり美味しいとは思えませんがホイップにしたときには、サラッとしていてスプーン等ですくってみるととてもサラサラで軽いのがわかります。
そして、味はあっさりしていて軽いのも特徴です。植物性のメリットは、価格が安く真っ白い色をしているためケーキも白く綺麗に仕上がります。

味も軽くてアッサリしていて、賞味期限が長くコレステロールが低く時間が経つとたれてしまいますが、時間が経ってもたれず乳製品にアレルギーある人でも使用できます。

デメリットといえば、添加物が入っていてコクと旨味に欠けておりあわ立ちにくいのがデメリットの特徴になります。

植物性は泡立てが完成するまで5分少しかかり、泡立てる時間が大幅に変わってきます。
植物性はコーヒーやプリン、ムースとホイップ用として使うと美味しくカロリーも低いため、食べやすくあっさりしていてとても美味しく頂けます。