カットソーとTシャツの違い

カットソー Tシャツ 違い
カットソーとは、ニット素材を裁断、縫製して作られる衣服全般のことで、シャツが平織などの織物生地ベースに縫い合わせて作られるのに対比した言葉を言います。

Tシャツとは、襟のないシャツのことをいい、両腕を左右に広げた際にTの字に見えることからその名前が付けられたようです。素材としては綿100%や麻、ポリエステル、ポリウレタンとの混紡が多くなっています。

夏場は上着を着用せずそのまま着たり重ね着などにも用いられ、ラフなスタイルとして定番となっています。肌の上に直接着用する肌着であり、下着の一種でもあります。

カットソーは、Tシャツ、キャミソール、タンクトップ、ポロシャツなどと分類されています。Tシャツはカットソーの中の一部ともいえるのです。

Tシャツには首周りの種類があり、Vネック、Uネック、ボートネック、キーネック、ヘンリーネック、クルーネック、ハイネック、タートルネックなどがあります。

Tシャツは自分を表現するために用いることもあり、イベントやキャンペーンの際に、そのメンバーがオリジナルロゴやスローガンの入ったTシャツを着てアピールすることもできます。

Tシャツには用途がたくさんあり、運動する際のラフなスタイルなどには用いることも多くなっています。

カットソーは文面で見ると難しいものの、分類を聞くとそういった服装も含めカットソーと表すということもわかり、深いものでないことがわかります。

この二つは違いというよりは、Tシャツはカットソーの一部ということになります。そしてカットソーにもいくつか種類があるということがわかります。

Tシャツはデザインも無地だったりロゴや柄が入っていたりと種類が豊富です。下着として用いる際には、白などの無地のものを使用することが多いでしょう。

また、お出かけの時にラフなスタイルで出かける場合にはロゴや柄の入った派手なものを選ぶ人が多くなっています。

Tシャツも今はお洒落なものもたくさんあるのでうまく活用するといいでしょう。