礼服とスーツと葬式の違い

礼服 スーツ 葬式 違い
礼服は冠婚葬祭など社会生活において威儀を正し、また敬意を表す場合に着用する衣服を言い、フォーマルフェアとも言います。礼服は亡くなるのを待っていたという意味になってしまい、本来は身内や親族の方々が着るものとされています。

一方スーツは身内でない場合には「とり急ぎで」という意味になるので、スーツが一般的なようです。この場合ワンピースが一般的で、スカートはひざ下、長袖のものが原則となっています。

露出が少なくないといけないので、黒のストッキングとともに合わせます。ジャケットと合わせて持っていると季節に合わせて調節できます。五分丈や七分丈なども用いられます。

お葬式やお通夜には喪服のマナーというものも存在します。主に女性のワンピースは上の立場にいる人が着ることが多いです。パンツスーツでも悪くはないのですが、一般的にはスカートのものが多くなっています。

社会人になったばかりの場合、身内でなければリクルートスーツも範囲内となっています。色が派手なものが入っていなければ失礼にはあたりません。

しかし、身内となるとスーツではなく礼服を用いることが絶対となり、学生の場合は制服が正装となります。服装がしっかりしていても、化粧やアクセサリーが派手だとそれも失礼に当たります。

化粧はカラーのものは使わずに色を最低限に抑え、口紅の色も薄めのものにすることが大切です。

身だしなみも問われ、亡くなった人を送り出すという意味もあるので、ちゃんとした服装で参列しましょう。

礼服とスーツは亡くなった人との関係性も大きなポイントとなります。そういった常識を踏まえた上で、服装を選ぶと失礼が無いでしょう。

礼服もスーツも一回きりということではないので、ワンセット持っていると便利です。

こういった二つの違いは知らない人も多く、自分だけがその場に適していない格好をしていたりする場合もあります。理解していればそういった心配もなくなるので頭に入れておくといいでしょう。