MOSの「エキスパート」と「スペシャリスト」の違い

MOSの「エキスパート」と「スペシャリスト」の違い
MOSとはパソコン系の資格なのはよく耳にしたことがあるはずです。
MOSにはエキスパートとスペシャリストがありますが、その違いとは何でしょうか?
その前にMOSとは何なのか詳しく知りたいですね。

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)は、マイクロソフトが認定する、Microsoft Officeに関する国際資格です。日本では、オデッセイコミュニケーションズが運営・実施をしています。かつてはMOUS(Microsoft Office User Specialist)という名称でしたが名称が長い(Userだけですが…)との事で2003年11月にMOSとなりました。

マイクロオフィス(ワードやエクセルなど)の基本操作ならびに応用的な操作を実践的に行う資格で、オフィスの各バージョン及び各アプリケーションごとに試験科目が分かれています。
MOS資格は国籍や年齢を問わずに誰でも挑戦できる上、多くの企業でマイクロソフトオフィスを使用していること等から主に事務関係・営業関係の就職に有利とされています。
MOS資格はアプリケーションのバージョンに依存するため、取得しても永年的に活用できるような資格ではありません。
つまり、例えばワードの2003年バージョンを取得しても新しいバージョンがまた出てくるため、また新たに覚えなくてはいけないことがあるということです。

通常使う上で最低限必要な操作方法を出題するのがスペシャリストレベル(旧:一般レベル)で、基礎的な内容を十分に踏まえたうえでより応用的な操作ができるかどうかを問うのがエキスパートレベル(旧:上級コース)です。

つまりエキスパートとスペシャリストの違いは試験の難易度といえるでしょう。

もう少し細かく違いをみるとスペシャリストレベルは、ワードの場合、文字サイズやフォントの変更、表の作成・編集、作成した文書の印刷など基本レベルを問われ、エキスパートではスタイル機能や目次、索引作成など長文機能、他のアプリケーションからのデータ取り込みなど、高度な機能の理解を問われます。
また、エキスパートがあるのはワードとエクセルのみで、他はスペシャリストのみとなります。

エキスパートとスペシャリスト、の本当の違いは受験してみて体感してください。