WOWOWとスカパーの違い

WOWOWとスカパーの違い
WOWOWとスカパーは同じように思うかもしれませんが、実は大きく違ってきます。

WOWOWとは日本を放送対象地域とする衛生基幹放送事業者「株式会社WOWOW」が当初は日本初の有料放送を行う民放衛星放送局として開局しました。2014年4月現在、フジ・メディア・ホールディングス、東京放送ホールディングスの持分法適用関連会社です。

当初は放送衛星を日本放送協会などと区分保有する形で放送を行っていましたが、2007年11月以降はすべて放送衛星システムが保有する放送衛星、およびJSATが保有する通信衛星を経由し視聴者に届ける形態の、委託放送並びに電気通信役務利用放送事業者となっています。

さらに、2011年6月の放送法改正によって、前者は衛星基幹放送、後者は衛星一般放送となっています。
地上波キー局系のBSデジタル放送事業者と異なり、視聴料が必要な有料放送を行っています。

スカパーとは、スカパーJSAT株式会社が運営する衛星基幹放送のプラットフォームです。

かつては「スカイパーフェクTV!2」、「スカイパーフェクTV!110」、「e2 by スカパー!」、「スカパー!e2」と名乗っていましたが、2012年10月1日に、名称を「スカパー!」に変更しました。

スカパーのチャンネル数は2013年10月時点で約69チャンネルあります。

WOWOWとスカパーにはそれぞれ、アナグロ放送とデジタル放送がありますが、WOWOWはBSといった人工衛星の有料チャンネルです。ハイビジョン放送で映画やスポーツを放送しています。高画質で楽しみたいという場合にはWOWOWがオススメです。

スカパーはCSといった通信衛星の有料チャンネルです。ドラマ専門チャンネルや、映画専用チャンネル、スポーツ専門チャンネル、アニメ専門チャンネルなどがあり、チャンネル毎に視聴契約を行います。

また見たいチャンネルを2週間お試しでみることができるのも、スカパーのいいところです。スカパーは通常画質で、ハイビジョンではありません。

またWOWOWもスカパーもそれぞれ専用のチューナーが必要となります。CSアナログは、衛星の位置がBSと異なるために、新たにアンテナを立てる必要があります。
またWOWOWを視聴する場合、BSを受信することになるので、NHKと視聴契約を結ぶ必要があります。