Wi-Fiと3Gの違い

Wi-Fiと3Gの違い
スマートフォンや、タブレット、ネット回線が繋げられるゲーム機には、Wi-Fiで通信する機能が標準搭載されています。Wi-Fiとは、無線LANのブランド名の事(呼び名)で、無線でインターネットに繋げる事です。

Wi-Fiで通信するには無線LANルーターがある自宅や会社、あるいは、公衆無線LANサービスに対応したカフェ(スターバックス、マクドナルドなど)や携帯ショップ、駅にいる必要があります。

Wi-Fiが繋げる環境があることをWi-Fiスポットがあるとも言います。無線LANルーターと、インターネットプロバイダに契約する必要があり、それが揃えば、スマートフォンなどの通信でかかるパケットがかからずインターネットし放題です。

通信速度も3Gと比べて断然速く、スマートフォンなどの電池消耗も若干軽くなります。よって、インターネットを使うには3GよりWi-Fiのほうが適しています。

基地局の数が3Gより少なく、基地局から無線を飛ばせる範囲が数m~数10m程度しか無く、なので、通信感度が悪い場合は、3Gのほうが速い場合もあります。Wi-Fi回線につながっていても電話回線ではないので、電話はできません。

3G(3rd Generation)は、電話回線で第3世代の携帯電話方式の総称です。高速なデータ通信が可能で、高音質な通話や動画の配信、およびテレビ電話機能など、さまざまなマルチメディア通信サービスが利用可能です。

また、海外でも同じ携帯電話が使える国際ローミングも利用できます。携帯電話回線網なのでインターネットとメール以外に電話もできます。インターネットのスピードがWi-Fiより遅いので、重いサイト、動画などにはあまり適しません。

パケット通信で、通信時にパケット料が発生します。その為、携帯電話から3Gでインターネットに接続する場合、パケットし放題の携帯電話料金プランを選ぶ必要があります。

iPhoneやAndroid携帯など、流行のスマートフォンの携帯電話からインターネットにセル属する場合には、Wi-Fiと3Gと選べるようになっています。

Wi-Fiは無線LANで、高速度通信、3Gは携帯回線網で基地局が多く、通信範囲が広い、回線速度は遅めという事です。