32ビットと64ビットの違い

ILLUSION inc

32ビットと64ビットという用語は、コンピューターのプロセッサ(CPU)が情報処理する方法を指します。64ビットバージョンのオペレーションズシステムは大容量のランダムアクセスメモリ(RAM)を、32ビットシステムに比べてより、効率的に処理できます。

ビットというのは情報の単位のことで、コンピューターが扱う最小単位です。コンピューターが使う情報は「0」と「1」です。数えるときは2進法を使います。

この、「0」と「1」の情報のうち、ひとつを特定するのに必要な情報を「1bit」と定義しています。一般にnビットの情報量では2のn乗個までの選択肢からなる情報を表現することができます。

(2^n)
「2」というのは「0」と「1」2つ表現できるという事で2個の情報量の事です。それをnビットあると2をn乗したぶん、情報を表現できるという事です。

32ビットなら2の32乗、64ビットならば、2の64乗の情報を一度に処理できるコンピューターという事です。ちなみに8bit=1byteです。

ビット数が多い64bit版のosの方が一度に処理できるデータの幅(ビット幅)が64bitになるため、一気に多くの処理をCPUが行う事ができます。64bit版のPUをフルに使うためにはプログラムも64bitに設計する必要があります。

完全に64bitに対応したソフトウェアを使用していれば、32bit版のosよりも高速に処理を行う事ができます。

ただし、未対応の場合は64bitでも処理できるように変換して処理を行いますので100%の性能は発揮できません。そして32ビットと64ビットの違いは使用できるメモリ容量が異なります。

32bit版osでは約4GBのメモリを使用できます。64bit版の171億GBまでメモリが使用できますが、あくまで理論値です。実際利用できるメモリは16~192GBです。

32ビットと64ビットのosでは、使用できるHDDの容量にも違いがあります。32ビットでは最大2TBまでの容量を持つHDDを扱う事ができます。

64ビットのファイルシステムであれは、16EB(エクサバイト)まで扱う事ができます。すべてのパソコンで64ビット版OSを使う事はできません。CPUが64ビットに対応してない限り64ビットのOSは起動できません。