接骨院と整骨院の違いは

接骨院と整骨院の違いは
「接骨院」と「整骨院」は表示の違いのみで、ほとんど違いは無いです。柔道整復師の資格を持つ事で開業できる施設には一般的に、「接骨院」「治療院」「治療所」「ほねつぎ」等とだけ表示できるそうです。

どの表示でも柔道整復師法により「柔道整復師施術所」という名称が正式だそうです。

戦国時代頃からは武芸者などの道場主が、練習生の骨折や脱臼などの怪我を治せる技術が必要になりました。整復・固定により人の自然治癒能力を引き出させる事が目的です。

「柔道整復師」は、江戸時代から治療を行っていた「接骨医」が始まりとされています。現在では柔道整復師という資格自体は、WHOでも”柔道セラピスト”として認められる資格になっています。

施術などの内容に関しては触れられず、ただ「日本の伝統医療・民間療法」としてのみ紹介されています。町で見かける「整骨院」という表示自体は、柔道整復師法という法律上では違反行為だとされています。

この名称の表示には、どちらも一般の方に馴染みがある表示であり、慣例化されているという解釈がされています。柔道整復師の資格を持つ方が、「整骨院」という表示を出して開業するには問題は無いのだそうです。

「接骨院(整骨院)」は、国家資格取得者が柔道整復師法という法律のもと施術を行う施設をいいます。この国家資格者が行う施術は、医療行為として法律で認められているため保険制度が適応されています。

ただし医師ではありませんから、手術や注射、薬の処方やレントゲン機器などを扱う事は認められていません。

柔道整復師は、骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉離れ・関節・筋・腱・靭帯等の治療に対する施術を行う事ができます。ただし肩こりや慢性的な痛み、単なるマッサージなどの施術は保険の適用外となり実費での請求となります。

厚生省の定める「あん摩マッサージ指圧師免許」「医師免許」がなければ、”触る・なでる・揉む・叩く・擦る・押す”などの手技療法行為は限定されてしまっているため、柔道整復師のマッサージ行為も局所的となっています。