パートとアルバイトの違い

パートとアルバイトの違い
パートとアルバイトは、パートタイム労働法によって、一週間の所定労働時間が通常の労働者より(社員)より短いもの、または労働日数が少ない者、と定められています。

パートとアルバイトそれぞれが個別に定義はされていませんが、働いている方についてはニュアンスが違います。

パートとは、労働時間が社員より短いと言われているほかは、社員と同等の業務を行っています。子育てなどの時間が空いた主婦などが働いているケースが多いです。雇用期間も長期にわたることが多いです。

アルバイトとは、学生が対応しているか、本業があって空いた時間を副業としている方が多いです。勤務や時間なども比較的短い期間が多いです。

法律上「労働者」には変わりありませんが、パートは主婦、アルバイトはフリーター、学生や本業の傍ら働いている人という認識が強いようです。

何故バイトとパートが分けられているか、成り立ちを考えてみます。パートは、もともとはパートタイマー、英語ではPart-Timerから呼ばれるようになったものです。

直訳で「時間の一部」の意味通り、正規の労働者に対して一部の時間のみ働く人をこう呼ぶようになったと考えられます。

アルバイトはそもそもは本業を他に持つ人が一時的・副業的に仕事をする事を呼ぶようになりました。例えば、学生だけれど臨時で仕事をするなど、サラリーマンが他の仕事を副業として行うような場合です。

しかし、フリーターなどのようにアルバイトを本職するような人も現代少なくなく、言葉の意味自体は曖昧になっています。アルバイトの語源はドイツ語でArbeit(アルバイテ)です。

パートとアルバイトの現状としては、求人などでアルバイトとパートを分けている場合には企業に寄るようです。

一般的にはアルバイトは学生や社会人などが臨時収入を得るために働くものとし、パートは主婦などが短時間働くという位置づけをしている企業が多いです。パートもアルバイトも本人の自覚でも違いがあるようです。