アパートとマンションの違い

アパートとマンションの違い
マンションとアパートの違いは、主に建物の構造ですが、不動産会社が、任意に決めている場合が多いです。一般的に、アパートは、階数が2階までで、木造、または軽量鉄骨造りが中心なのに対し、マンションは階数に制限がなく木造がないという点が異なります。

アパートはこじんまりとしていて家賃が低め、マンションは広くて近代的な感じで家賃もアパートより高いと思いがちですが、確かに同じ築年数だとマンションの方が家賃が少し高めなのが一般的です。

しかし、築年数の浅い、比較的新しいアパートと古いマンションとでは、アパートの方が高い場合もあります。家賃は、構造ではなく、築年数と周辺の利便性で設定され、アパートだから、マンションだからということはあまり関係ありません。

アパートとマンション、それぞれ良点があります。

アパートの良点は、住環境の良い地域にリーズナブルな家賃で住む事ができるのが一番の良点です。築年数にも寄りますが、家賃と管理費、共益費を足しても比較的手ごろな物件が多い上、家賃の相場に合わせて駐車場も割と安く借りられる場合が多いです。

また、少し築年数が経っているアパートの場合は、建てられたばかりの物件よりも収納スペースが広くとられていることが多く、物持ちの方に勧められます。アパートは音が心配という方は、戸建で区分けされている物件やコンクリート造りの物件を探しましょう。

マンションの良点は設備の充実と安全面が挙げられます。鉄筋コンクリート造りの物件が多いため、強度があり、火災や地震などといった自然災害に遭った時にも被害が少なく済みます。

また、近年はセキュリティ面に配慮し、防犯カメラやオートロックのあるマンションが増えています。防音対策としっかりとした造りなら、上の階や隣の入居者の生活音に悩まされる事もなく友人を呼びやすいという面もあります。

マンションは家賃が高そうというイメージがありますが、最近は敷金・礼金ゼロの物件も増えつつあります。

アパートはリーズナブルかつ、狭い、小さい、一人暮らしから少人数家族向けというイメージ、マンションはアパートよりも高級感・セキュリティが充実、家族が住むというイメージが強いです。