介護ヘルパーとホームヘルパーの違い

介護ヘルパーとホームヘルパーの違い
介護ヘルパーもホームヘルパーも福祉の仕事で、高齢化社会化した現代には需要が高い仕事だといえます。介護ヘルパーは身体介助のみ行うヘルパーのことで、更にホームヘルパーとは生活の援助や身体の介護を行うヘルパーのことです。

ホームヘルパーは2級を取るとその仕事に就くことが可能です。自宅に訪問して簡単な生活援助をします。介護ヘルパーは施設や病院で介護する人も含んだ言い方です。1~3級は訪問介護を行うためには必要な資格です。

数年前はヘルパーの資格は講義を受けて実習を受ければ取得できるものでしたが、近年厳しくなり、いつかは国家資格になるだろうと言われています。そういった背景には高齢化社会があります。

順序としては、ホームヘルパーの資格を取り、働きながら更に上の1級を目指していき、最終的には介護ヘルパーへとアップしていく人が多いようです。

介護ヘルパーは国家資格で、ホームヘルパーより上の資格です。2年生の養成施設の卒業や、実務3年以上などの経験が必要となってきます。介護ヘルパーはホームヘルパーに比べて、専門技術や知識が必要とされる資格です。

高齢化社会化した日本において、ヘルパーの需要は非常に高く、ハローワークで、実習型雇用というもので会社を探して応募すると、介護福祉養成校に無料で2年通わせてもらえて休み以外の空いた時間帯に施設で働き、卒業したらその施設に正社員で雇ってもらえます。

介護職は精神面でも体力面でも大変神経を酷使するものです。人の命を預かる現場でもあり、看護師の助手のような仕事も任されます。その割に給料は同じ仕事をしていても看護師には劣る面があります。

正直キツい仕事なので適性というのもあります。一度ボランティアや体験入社等して自分に合っているか考えましょう。キツいぶん、やりがいのある仕事とも言えます。

大抵療養型の施設で働きますから、人と触れ合う事が好きな方は向いてるかもしれません。接客が好きな方でも、食事など生活全般の世話をする仕事なので、嫌な人は嫌かもしれません。