成田空港・第一ターミナルと第二ターミナルの違い

kuukou
この違いは建物と飛行機が到着する時間や会社、アライアンスなどに応じて異なるため、ターミナル別になっていて第1ターミナルには南北2つにウイングがあります。

こちらは、ANAが中心となり、スターアライアンスとなり加盟各社の北ウイングはスカイチームの加盟各社が主に利用している事が多く中心がANAで他にはアジア航空、中国国際航空、深セン航空、ユナイテッド航空、といったそれぞれの空港に止まります。
国際線では、日本系空港会社の発着はしないです。

第1ターミナルの北ウイングにはセキリュティチェックとチェックインカウンターがあり
南ウイングには、ショッピングができる店舗や本屋さんなどが集まっており他にも豊富なレストランがあり、F4にあるカフェレストラン、中華、洋食やスープ専門店、ファーストフードもありレストランがあります。

第2ターミナルは主にワンワールド系航空会社となっておりその中心になっている会社がJALです。他にはアメリカン空港、キャセイパシフィック、ブリティッシュエアウェイズやカンタス空港、マレーシア空港等に止まっており、JALと連携するスカイチーム系の会社の一部である
中国東方空港とチャイナエアラインもこのターミナルから到着します。
そして、アライアンス未加入の空港会社はジェットスターになります。

第1ターミナルと第2ターミナルとで建物の形が違ってきて第1ターミナルにはチェックカウンター、セキリュティチェック、出国審査がありそれをクリアして初めて飛行機に乗れるシステムになっていて3Fまで航空があるためとても広く、場所もちゃんと別れており分かりやすくなっております。

第2ターミナル本館ではレストランとショッピングが出来る施設があります。和食から中華と洋食もあり、他にもカフェやファーストフード等もあるためとても充実していて、店によっては飛行機を見ながら食事できたり予約可能なお店もあり、第1ターミナルより開けているのを感じます。