羽と羽根の違い

羽と羽根の違い
漢字は違うのに読み方は同じ、意味も変わらないという日本語はかなりたくさんあります。「羽」と「羽根」もその一つです。紛らわしくて困ってしまいますが、違いを理解して正しく使い分けたいですね。

「羽」とは、鳥の翼や昆虫のはねのことを指します。飛行機のはねなど、空を飛ぶものについているものはこれになります。また比喩表現でもこちらのはねを使います。

トンボの羽、羽が生えたように、羽を伸ばす、羽を広げる、飛行機の羽という風に利用されます。

対して「羽根」は、羽から抜け落ちた毛の一本一本のことです。共同募金の赤い羽根、昔の羽根ペン、バドミントンのシャトルはこちらのはねになります。羽根型の器具や部品のことも指しており、ヘリコプターの羽根もこちらになります。

タービンの羽根車、羽根突き、羽根布団、風車・扇風機・竹とんぼ・プロペラ・スクリューの羽根などはこちらで表記されます。

「羽」から抜け落ちたものが「羽根」なので、「羽根」という言葉を昆虫に用いることはありません。昆虫の羽は特別な書き方として「翅」という表記もあります。

日本語の説明としてはこの違いになりますが、鳥類学の語法によるとまた違った意味があるそうです。

鳥類学の専門用語では、「羽根」という表記を使いません。また「羽」を鳥の翼という意味で使うこともありません。鳥の羽はあくまで「翼」と言い、一枚一枚分かれたものは「羽毛」と呼ばれます。それぞれの羽毛の部位や機能により区別する場合に「風切羽」、「尾羽」など、「羽」という言葉を使って表記します。

もちろんこの区分が絶対という訳ではなく、翼も一本の羽もひっくるめ「羽」と広義的に使われている場合があります。もともとは「羽」を「は」と読み、「羽根」で初めて「はね」という読みになったものが時間を経て変化したものだと言われています。作品などでは間違って使われることも多いので、使う時は誤用は是非避けたいですね。