金環日食と皆既日食の違い

金環日食 皆既日食 違い
金環日食とは、地球、月、太陽がほぼ一直線に並ぶときに太陽が月に隠される天分現象で、太陽のほうが月より大きく見えるため、太陽が完全に隠れず月の外周にリング状に見える現象を金環日食といいます。

太陽が地球に近く、月が地球から遠いときに日食が起こると、太陽によってできる月の影の延長上にある地表の地域では、太陽の縁からくる光にとって金環日食が起こり、その周りの地域では部分日食が起きます。

皆既日食とは、月と太陽の視直径はほとんど同じではありますが、月の地球周回軌道または地球の公転軌道は楕円であるため、地上から見た太陽と月の視直径は常に変化します。

そのため月の視直径が太陽より大きく、太陽の全体が隠される場合を皆既日食といいます。

また皆既日食にはコロナ、プロミネンス、ダイヤモンドリングという名前がつく皆既日食があります。

コロナとは太陽を取り巻く希薄なガスで、明るくみえる内部コロナでさえ満月と同じくらいの明るさですが、普段は太陽光球の明るさにかき消されてみることができません。

皆既日食のときはコロナを肉眼でみることができます。プロミネンスは日本語で「紅炎」といい、太陽の縁にあれば鮮やかなピンクがかかった赤色にみえます。

ダイヤモンドリングは皆既日食の終わりに月の谷間から太陽光球の光がもれるとその部分から明るく輝き太陽を取り巻く内部コロナと合わせて、まるでダイヤモンドの指輪のような姿をみることができます。

金環日食と皆既日食の違いとは、金環日食になると太陽がリング状に輝きます。そのため太陽の光の一部が地表に届いています。

しかし皆既日食では太陽が月によって完全に隠れると夕暮れのように暗くなってしまいます。新聞の文字が見えないほど暗くなることもありますが、皆既日食での暗さは毎回異なってきます。

日食はが太陽と地球の間にある新月の日に起こるものですが、新月のたびに日食が起こるわけではありません。

金環日食も皆既日食も21世紀中には合計12回起こるといわれています。