さつきとつつじの違い

さつき
さつきは、さつきつつじとも言われ、つつじの仲間となっています。花も葉も小さく、表側の葉は光沢がありつつじとは別種とも思えるほどです。

つつじは種類も多く、道路の歩道に植えこみ、つつじの葉は光沢がなく、葉の裏側は服などに付着しやすくなっていて、子どもがワッペンとして付けて遊んだりもできます。

さつきは常緑樹で、季語は夏となっています。5月から6月に真紅や淡い紅色、ピンクや絞りの花を咲かせます。さつきの場合は、新葉が出てから花を咲かせます。

つつじは落葉性で、季語は春となっています。4月から5月に紅色やピンク、絞りの花を付けます。つつじの場合はさつきとは逆で花を咲かせてから新葉が出ます。

さつきの細毛は茶色で、一つの枝に一つしか花は咲きません。反対につつじの場合は一つの枝に多くの花を咲かせ、細毛は緑です。

この二種類の花は種類も同じということから見た目に違いはあまり見受けられませんが、隣に同じように花が並んでいたら、大きさや葉の違いが感じ取れると思います。色もピンクや赤に近い色のものがともに多く、鮮やかなものがほとんどです。

似たような花で咲く時期も一ヶ月しか変わらないのに季語が違うというのは新しい発見です。

見た目や形が似ていても、一つの枝に対しての花の付き方が異なったり、葉の光沢にも差が見られたり、常緑樹と落葉性の違いがあって、こういった深い所まで知っている人は少ないようなので、知識を持っているといいですね。

花には種類が沢山あって、さつきやつつじのように同じ種類のものもあればそうでないものも多くあります。こういった同じ種類のものでも比較すると違いがたくさんあることがわかります。

違った種類のものを比べると尚多くの違いが発見できるでしょう。樹木の違いなどまでは知らないことが多いので、「なるほど」と思うことが多いでしょう。

つつじは落葉性でもあり常緑樹でもあります。なのでこの二つの最も大きな違いは大きさと季節、枝への花の付き方ということです。