暖めると温めるの違い

暖めると温めるの違い
暖めると温めるの違いについてですが暖めるは温度を上げたり、空気(気圧)や寒いの反対側、体全体で感じるという意味合いになります。

温めるが冷めたさを和らげたり、それ以外、冷たいのの反対、体の一部で感じるという意味合いになり、よく混同されたりする事が多くて殆どの辞書や辞書サイトではこの漢字の意味合いを同じにする事が多く、どちらを使ってもいいという事にはなります。

一般的には使い分けされていたりするため、分かりやすいのは元の温度で使い分けるという事です。

例えば元々冷たくて「冷める」という場合は「温める」を使い、冷たくはないもしくわ関係ない場合には「暖める」で区別するという使い分けをします。それでもわからなければ、次はあたためるという対象物で区別します。

まず「暖める」という使い道は空気や気温、室温等の空気が関連するものに用いたりして
「温める」を使うのは、心や感情そして友情といった事やものなどの抽象的にこの温めるを用いたりします。

暖めるは空気や室温以外でも使えて体や首、人の体や動物を寒さから暖めるや思い出や気持ちなどの表現を使う時に暖めるを使ったりするのが本来の意味なります。

温めるは飲み物やお弁当といった食品関連やカイロを温めるや血流などをよくする意味で用いたり、体の一部や全体的ではない部分的なものを温めるという時に使われたりします。

暖めるの「暖」という成り立ちは、日にゆるやかという事でそこに「爰」を加えて日差しが柔らかいという状態を表していて、主に温度や気温に関係ないことではおだやかな事や、優しくてなごやかだったり、大切にしたりまた復習する事などはこの「暖」を使う事になります。

温かいの「温」という漢字の成り立ちは元々形声文字として書かれていたもので、酸隋の意味は、水が流れている養子を表し上の日はあたたかな煮物の意味合いで下にある皿を形声文字からさらに成り立ち「温」という文字になったといわれています。

そのため、この温は食品を温める以外にもほんのり温かいや熱がこもって温かいという時に使う漢字になります。