自然

森と林の違い

森と林の違い
森とは、樹木が密集して茂っている場所のことを表します。林に比べて大規模で高密度な森林のことを森と呼びます。また日本の農林水産省の定めによれば、人工のものを林、自然のものを森と呼びます。

詳しく見る

霧と靄の違い

霧と靄の違い
霧は水蒸気を含んだ大気の温度が何らかの理由で下がり、露点温度に達した際に含まれていた水蒸気が小さな水粒となって空中に浮かんだ状態をいいます。

詳しく見る

「雹」と「霰」の違い

「雹」と「霰」の違い
「雹(ひょう)」と「霰(あられ)」、どちらも氷の固まりが空から降ってくるものですが、これらにはいくつかの違いがあるのはご存知ですか?この2つは同じようで違う点が幾つか存在します。

詳しく見る

湖・池・沼の違い

湖・池・沼の違い
湖とは、海と直結されていない陸地に囲まれた、水深5メートル以上のものを言います。この水深の判断は、底地に沈水植物(いわゆる水草)が生えているかどうかでも変わってくるようです。

詳しく見る