スタッドレスとノーマルタイヤの違い

スタッドレスとノーマルタイヤの違い
雪があまり降らない地域だと、車通りがある道路に雪が積もることは滅多にありません。そのためスタッドレスタイヤを履いたことがない、という人も多いのではと思います。東北や北海道、甲信越ではお馴染みのタイヤなのですが、普段使うノーマルタイヤと何が違うのでしょうか。

スタッドレスは使われているゴムが柔らかくなっています。これは低温度でも硬化しにくくするためです。この柔らかさで雪面に食いつき、撥水効率の優れた構造によってタイヤと路面の間に出来る水の膜を防ぎます。「スタッド=鋲(びょう)」が「レス=ない」ということで、これまでのタイヤに鋲のついたスパイクタイヤに代わって現代の雪道タイヤの主流になっています。

ノーマルとの大きな違いは溝の細かい切り込みで、これが回転のたわみで接地面に階段状のエッジを作るため雪面をガッチリ掴む構造になっています。滑りの原因となる氷上の水膜を除去するための工夫などと合わせて、過酷な冬道でも性能を発揮しています。

暖かくなってくるとノーマルに戻すのですが、中には面倒臭がって一年中スタッドレスのままという人もいます。雪道はスタッドレスを使わなくてはいけないと決められている都道府県がほとんどですが、冬以外にスタッドレスを使用することを禁止する取り決めはありません。

しかし、雪道ではよく止まるスタッドレスでも乾いた道や雨で濡れた路面などでは、むしろ制動距離が長くなってしまうという実験結果が出ています。乾いていたり濡れた路面では、ノーマルの方が高い性能を誇っています。また夏場でのスタッドレスは燃費を10%も悪くさせ、タイヤの磨耗も著しくなります。雪道用の柔らかい素材で出来ているため、通常の路面だとすぐに削れて減ってしまいます。

冬専用のスタッドレスを年中使用しても、危険が増えるだけでメリットはほとんどありません。ノーマルと使い分けて安全に走行しましょう。