幽霊における「日本」と「欧米」での違い

幽霊における「日本」と「欧米」での違い
日本と欧米での幽霊の見えかたが大きく違っています。

普通に考えるのであれば、人が亡くなったあとの行き先がなく、土地によって変わるというのはおかしなことですが、欧米で亡くなった人が出てくる幽霊は、まるで生きているかのようにはっきりとしています。
しかし日本の幽霊は薄く、ぼんやりとこっそり表れる存在となっています。

例えば心霊写真。欧米のものはそれが誰であるかはっきりわかる程度まで顔立ちや服装が見えているのに、日本の場合は影や水しぶきがなんとなく顔のように見えるといったケースが多くなっています。

夏になると世界各地の映画館ではホラーものやモンスターものの映画が封切られますが、その内容も欧米ではゾンビや未知のモンスターが襲いかかってくるというものが多いのに、日本のいわゆるジャパニーズホラーではそっと背後から忍び寄って呪いをかけるといったようなものが多く作られています。

また日本と欧米の幽霊の違いで象徴的なのが、日本の幽霊は女性が多いのに対し、欧米の幽霊は男性が多いということです。

このようになった理由として、欧米の幽霊は暴力的な力を持った脅威であるのに対し、日本では人の情念が他の人に危害となるという精神面での攻撃が主になっているためと言われています。

また欧米における幽霊は、土地や家など特定のエリアに入り込んだ善人・悪人かまわず無差別に攻撃してきますが、反対に日本の場合は何らかの情念に触れる行いをした人にいつまでもつきまとっていくという特徴をもっています。

これらは文化的な背景によるものが大きく、欧米においては歴史上何度も多民族や他文化を侵略してきた歴史もあることから、脅威として感じられるのはより強い力を持った存在ということになるでしょう。

逆に、単民族・単一文化として長い歴史を持ってきた日本においては、普段日常の中にある人同士の情念の交流そのものが怖いというふうに感じられる素地があったというふうにもとれるでしょう。