「自主」と「出頭」の違い

「自主」と「出頭」の違い
この用語は人間が刑法に触れる犯罪を起こしてしまった場合に用いられます。例として殺人事件の犯人が自分だったとします。そして殺人がばれない様に完全犯罪を企て、実際警察が気付いていない状況だとします

しかし、良心の呵責に耐え切れず、自ら警察署や交番等に「自分は人を殺しました」と正直に罪を伝える事です。これが「自主」になります。

同じように完全犯罪を企てましたが、警察が気付き、事件のために捜査に動き出したとします。この時点で警察関係に「あの事件の犯人は私です」と白状した場合は「出頭」となります。

つまり警察が「犯罪に気付く前」に自分から罪を警察機関に伝える事が「自主」であり、警察が「犯罪に気付いた後」に警察機関に伝える事を「出頭」と言います。

自主も出頭も「容疑者」となり起訴されれば「被告」となります。そして裁判が行われます。ですが、自主、出頭共に自ら「逮捕してください」と名乗り出た場合は「自主の場合」は刑が軽くなりますが、出頭の場合は刑の軽減が認められていません。

刑法第42条第1項により、
「罪を犯した者が捜査機関に発覚する前に自首したときは、その刑を減軽することができる。」と法で定められていますので、自主の場合は刑が軽くなりますが、「出頭」の場合はその限りではありません。

ただあまりに凶悪な犯罪であった場合、「自主」「出頭」共に、日本では「無期懲役」か「死刑」のどちらかにしか該当しない場合があります。その時は、情状酌量の余地がある事件性だった場合は有期刑(懲役○年等)となった判例もあります。

この二つの用語は意味は同じであると思っている人も多く、誤解されがちです。世論の声では「出頭も軽減すべきである」という声も上がっていますが、現状では法改正は検討されていないようです。

違いのまとめとしては、

・「自主」は犯罪を起こしたとき、警察が気付く前に自ら名乗り出る事で刑が軽くなります。

・「出頭」は、犯罪を起こしてから警察が動き出してから、自ら名乗り出ても罪は軽くなりません。

というのがこの用語の違いです。