NPO法人と会社の違い

NPO
NPO法人と会社の違いで一番に挙げられるのは事業目的です。

株式会社の場合はオーナーは株主となり、会社は株主の利益のために事業を通して価値を追求することが絶対ということに対し、NPOは地域社会に社会的利益を追求することが絶対といった違いが生まれます。

NPOは株式会社と違ってオーナーの特定もすることができないのです。

NPOは地域社会に対しての社会的利益を追求するものであるための法人ということがあり、挙げるとするならば「地域社会」がオーナーとなるのです。

オーナーの経済的利益の追求を行う株式会社と地域をオーナーとする社会的利益、もしくは地域の経済的利益を追求するのがNPOの違いです。

意思決定という観点では、株式会社は株主利益の追求を絶対としてお金を中心に意思決定をするのに対してNPOは、ミッションを中心に意思決定をするのです。

マーケット主義を貫く株式会社とミッション主義を貫くNPOという違いです。

株式会社とNPOは利益の分配方法以外はほぼ同じであるといえるため、私たちは深く知らないことが多いのです。

奥を詳しく調べてみると難しい言葉を並べれば上記のようなことがいえます。

アメリカではNPO先進国でNPOだった研究機関が公的資金をベースにしたことでベンチャー企業となりIPOに変わったのです。

こういった変更も日々ありえることですし、逆のパターンもあるのです。

利益の違いや裏で起きていることは私たちには分らないことが多いのです。

違いというものを挙げるとするならばこれというものであって私たちが自分で判断することは難しいといえます。

しかしこういったことを知っておくと知識があるため、判別が出来るようになってくるのです。

NPO法人という言葉は最近よく耳にする言葉ではありますが比べるとこのような違いが挙げられるのですね。

事業目的はわかるにしても意思決定の方法も違うとは驚きです。

こういった明らかに違った言葉などでも似ているものが溢れており、私たちが知らないだけでちょっとした違いが知っている人からしたらまったく違うものになるのでしょう。