川柳と俳句の違い

川柳と俳句の違い
川柳とは、五・七・五の音を持つ日本語の詩の一つです。俳諧、すなわち俳諧連歌かた派生した近代文芸です。俳句と同じ五七五の音数律を持ちますが、俳句が発句から独立したのに対し、川柳は連歌の付け句の規則を、逆に下の句に対して行う前句付けが独立したものです。

俳句にみられる季語や切れの制限がなく、現在では口語が主体であり、字余りや句跨りの破調、自由律や駄洒落も見られるなど、規律に囚われない言葉遊びの要素が大きいです。かつての俳諧では雑俳に含めて呼ばれたことがあります。

かわって俳句とは、五・七・五のモーラから成る日本語の定型詩です。世界最短の定型詩とされています。十七文字、十七音、十七語とも呼ばれています。また俳句を詠む人のことを俳人と呼びます。

俳句は近世に発展した文芸である俳諧連歌、略して俳諧から生まれた近代文芸です。室町時代に流行した連歌の遊戯性、庶民性を高めた文芸が俳諧でありましたが、17世紀に松尾芭蕉が出てその芸術性を高め、なかでも単独でも鑑賞に堪える自立性の高い発句、すなわち地発句を数多く詠んだ事が後世の俳句の源流となります。

日本の詩歌の伝統をひきついで成立した俳句は、五・七・五の音数による言葉の調べと「季語」と「切れ」によって短い詩でありながら心のなかの場景を大きくひろげることができる特徴を持っています。

川柳と俳句の違いは、俳句には季語が必用ですが、川柳では特にこだわることがありません。また俳句には切れ字が必用ですが、川柳では特にこだわっていません。また俳句には主に、文語表現ですが、川柳には口語が普通となります。これらは形式的な違いとなります。

また内容的な違いでは、俳句は主に自然を対象に詠むことが中心となりますが、川柳では人事を対象に切り取ることが中心になります。俳句では、詠嘆が作句のもとになり「詠む」といいますが、川柳では詠ずるのではなく「吐く」や「ものす」などといいます。