形成外科と整形外科の違い

形成外科 整形外科 違い
形成外科は、身体の表面や形を扱うところで、けが、やけど、床ずれ、皮膚の病変で切除が必要なもの、がんの手術で失った組織や機能の再建、身体の先天性奇形の修正などの治療を行います。乳房の変形を治すといった手術も行っています。

整形外科は、骨や関節に関する外傷や疾患、靭帯や筋肉に関する外傷や疾患、脊髄や神経に関する外傷や疾患といった内部の外傷や、リハビリなどの運動、腰痛や肩こりなどの治療、運動機能障害の改善などを行います。

整形外科で行うリハビリには理学療法や作業療法、言語療法、音楽療法などがあり、自立訓練等も行っています。

事故や骨折等で足に障害が残ってしまった場合に、歩行訓練を行ったり、体力をつけるといった基礎から訓練で鍛えていくことができるのです。

リハビリは、その人その人に合った内容を医師とリハビリスタッフが考え、目標に向かって治療を行っていきます。

肩こりや腰痛には、電気を当てたり、ホットタオルで温めたり、マッサージをしたりといった方法で筋肉を和らげていくようです。

形成外科では若返り手術や美容外科というのも稀にみられるようです。
反対に整形外科ではそういったことは一切行っていません。

頭や顔面、身体全体の表面に出来た傷等を治療していったり、顔面骨折もそうです。
中でも生まれつきの性器異常が見られる、心と体の性が一致しない性同一性障害の形成手術が最も形成学的治療だと言われています。

整形外科では、捻挫や打撲、骨折、関節痛といった治療や、主に背骨と骨盤の土台骨と四肢の治療を行っています。

形成外科でも整形外科でも行っていることは、多指症といった障害や、手足の生まれつきの異常、手や指の外傷または切断といったことです。

形成外科と整形外科の違いで見られるのは、形成外科は表面上にできた傷などの治療を行うことで、整形外科は、骨や関節などの内部を治療したり、同時にリハビリといった訓練も行うことが挙げられます。

この二つの科は類似していますが、治療の方法は違うことがわかります。