アメリカと日本の生活の違い

アメリカ 日本 生活 違い
アメリカの家庭での食事は、テーブルの真ん中に大皿やボウルをおいてそこから取り分けることが多くなっています。日本のように料理には隠し味は含まれておらず、繊細な味は表現できていません。

ハンバーガーはアメリカの伝統的な料理ではあるものの、家庭で並ぶことはなく、食事としては甘くて脂肪分の高い高カロリーのものを好む人が多いです。

それに対し日本は、ご飯茶碗や汁物碗、主菜皿など多くのお皿を使って食事をする家庭が多いです。四季に合わせた食事をとり、家庭それぞれで隠し味を入れて調理を楽しんでいます。そのため同じ料理を作っていても家庭によって味が異なるのです。

アメリカは日本とは違い治安が悪くなっています。アメリカではヒップホップファッションはストリートギャングと思われてしまうことが多く、人通りの少ない所やスプレーでの落書きの多いところ、ヒップホップファッションをしている若者の多いところは注意が必要です。

日本ではヒップホップファッションをしていてもかっこいいと受け入れてくれることが多くなっています。

アメリカでの交通ルールはとても厳しく、信号のある交差点でも渡るときは必ず一時停止が必要になります。制限速度は原則として守っています。アメリカは車社会なのでそういった交通ルールに関しては厳しくなっています。

日本では我急げと言わんばかり飛び出す人もいるため、事故も多くなっています。こういったアメリカの交通ルールは今の日本人には難しい課題とも言えます。

アメリカではお酒をたくさん飲んでもそれを誇らしげに思う人はいません。お酒をたくさん飲む人はセルフマネージができない人と思われてしまい、軽蔑の目で見られたりアルコール依存症と思われてしまいます。

反対に日本ではお酒が多く飲めることを誇らしく感じ、話す人がいます。

アメリカでは学生にもサラリーマンにも主婦にも、曜日にかかわらず余暇があります。運動をして楽しんだりドライブに行ったりなど楽しんでいます。

日本ではやらなくてはならないことが日々決まっていて、まともな休みは土日になって来ます。

こういったアメリカと日本の違いはアメリカを尊敬するところもあれば、食事やファッションなどにおいては日本の方が過ごしやすいかもしれませんね。