男と女の脳の違い

男と女の脳の違い
どんなに親しい間柄であっても、それが男女の場合どうしても意見の食い違いというのは生じるものです。価値観の違いや性格の不一致など色々と考えられますが、「男女の脳の特性に違いがあるから」という考え方もあるようです。

脳の見た目から言えば、男性の方が脳が大きく重いそうです。脳の大きさと賢さに因果関係はありませんが、男女比で200~300グラム程差が出るそうです。また女性にはホルモンの分泌に周期性があり、右脳と左脳を繋ぐ脳梁という左右の脳を繋ぐ部分の形や大きさが異なります。

また男性と女性で脳の動き方も異なります。男性は左右の脳をそれぞれ使い、脳の前後を接続するネットワークが形成されています。一方女性は、脳梁を中心に右脳と左脳を繋ぐネットワークが強く形成されています。色濃く差が現れたこの結果から、男女がまるで異なる種だと言えるほど違うのだという考察が出来ます。

男性の脳は理論的な思考回路を持ち、情報処理や空間能力に長けています。決断力、集中力、視覚化をつかさどる脳の部分が活発に働き、平面の図を早く理解することが出来ます。感情や記憶を制する大脳辺縁系が活発ではないので、人の表情や感情を読むのは苦手な傾向にあるようです。またストレスを感じると、運動をして発散させたり独りになりたがるようです。

比べて女性の脳は、感情を読み取ることに長けていて直感的です。左右への脳神経の結合が強いのが特徴の女性の脳は、複数のことを同時進行させることが得意です。逆に男性は一つのことに集中してしまう構造になっているようです。脳が小さい女性の方が神経組織を網羅させ、少ないエネルギーで効率よく複雑な作業に従事できる利点があります。

理解出来ない異性の行動にイライラしてしまうこともありますが、「そもそもが違う生き物だから仕方ない」と思ってあげることによりストレスの軽減が図れるかもしれません。お互いがお互いに良い所を尊重し合って、支えあうことが重要です。