メール.「CC」と「BCC」の違い

メール.「CC」と「BCC」の違い
■CCとは

CCはCarbon Copyの略称です。
メールの内容をコピーして送りたい本人以外にもお知らせします。

■BCCとは

BCCはBlind Carbon Copyの略称です。
メールの内容はコピーして伝えるのですが、CCでは送った相手を全員確認できるいっぽうBCCでは相手をヒミツにすることができます。

■使用用途

・CCの場合

Toで指定した本来の送信先以外にも、一応複製を送っておきたい相手などがいる場合に使用する機能です。

Toで宛先を指定するのと同様に、Ccに複製を送りたい相手を指定して使用する。Toに指定された本来の相手には、ToとCcに指定された宛先が全て見えます。
また、Ccに指定された相手にも、ToとCcに指定された宛先が全て見えます。

要するに、送信者 (From)、Toの相手、Ccの相手、の各3人相互で、各アドレスが各3人全員に知られることになります。

・BCCの場合

Toで指定した本来の送信先以外にも一応複製を送っておきたい相手がいるが、ToとCcに指定した相手には、複製を送信した相手のメールアドレス及び複製を送信した事実を知られたくない場合などに使用する機能です。

Toで宛先を指定するのと同様に、Bccに複製を送りたい相手を指定して使用する。メールの送信時に、メールサーバー (MTA) においてBccヘッダーを削除して転送するので、To、Ccに指定された相手には、このBccに指定された宛先は全く見えません。

しかし、Bccに指定された相手には、ToとCcに指定された宛先が全て見えます。また、Bccの宛先アドレスが複数ある場合には、Bcc指定された各宛先相互間で、自分以外の他の宛先は分かりません。

なお、ときどき「ブラックカーボンコピー」と言われることがありますが、これは間違いです。