メールの「to」と「CC」の違い


■「to」とは

受取人のメールアドレスです。
単数または複数の名前やアドレスも含められます。

■「CC」とは

CCは、カーボンコピー(Carbon Copy)の略になります。

Toで指定した本来の送信先以外にも、一応複製を送っておきたい相手などがいる場合に使用する機能です。

Toで宛先を指定するのと同様に、Ccに複製を送りたい相手を指定して使用する。Toに指定された本来の相手には、ToとCcに指定された宛先が全て見えます。

また、Ccに指定された相手にも、ToとCcに指定された宛先が全て見えます。
要するに、送信者 (From)、Toの相手、Ccの相手、の各3人相互で、各アドレスが各3人全員に知られることになります。

メールを送られた人は「参考に見ておいてね!」という
あくまでも、情報共有を目的としたメールだと判断します。
返信も必ずしも求められません。

■to ccの使い方とシチュエーション

・(例)パーティーをすることをメールで知らせる場合

To:誕生日の人
 「パーティーしてもらえる」ことが伝わる
 CC:仲間
 「パーティーする」ことが伝わる

■toの使用法

toは1人のメールアドレスしか入力できないと誤解されがちですが、実際は違います。

誤解されるのは、次の項で述べる「Cc」との関係でだと思いますが、「To」では、複数のメールアドレスを指定することが出来ます。

複数のメールアドレスを指定する場合は、カンマ「,」やセミコロン 「;」でメールアドレスを区切ります。

■ccの使用法

電子メールを送信する時には必ず、宛先となる相手がいると思いますが、それ以外にも、「参考までにメールを送りたい」という場合があると思います。
そのような場合には、参考までにメールを送る相手のメールアドレスを、「Cc」に入力します。

例えば、担当者であるAさん宛てのメールを、同じ部署のBさんにも参考までに送りたいという場合です。
このような場合、「To」にはAさん、「Cc」にはBさんのメールアドレスを指定してメールを送ります。