退職と退社での履歴書の違い

退職と退社での履歴書の違い
退職と退社は似ているようで、意味に少し違いが見られるようです。

退職は、勤めていた職場を辞め、共にその職種から絶つことを意味します。

反対に退社にはいくつかの意味があり、会社員がその会社をやめることや、一日の仕事を終えて会社を引き上げること、社団法人の社員が社員としての資格を失うことなど意味がわかれています。

同じこととして挙げられるのは、その会社を辞めるというのはどちらにもあります。

そして、その際の履歴書の書き方ですが、退職の場合は退職理由を記載する必要がある場合があり、その履歴書の書き方に注意点がいくつかあります。

退職理由は、細かく書くのではなく、「一身上の都合により退社」や「会社都合により退社」など一文で構わないということです。また、実際そうだったとしても書かないほうがいいこととして挙げられるのが「人間関係について」や「仕事内容について」、「待遇面について」などです。

こういった細かい理由まで書いてしまうと、次の職場に移っても、またこういったトラブルがあるとすぐ辞められてしまうかもしれないといったことを思われてしまい、信頼が薄れてしまいます。

退社の場合の履歴書は、○○会社入社や××会社退社という書き方でいいというところが大きな違いです。

退社の場合は理由について触れることもなく、入社か退社かだけを書けばいいようです。

しかし、職種によって入社といった書き方ではなく、「入庫」だったりと違いもあるので、その点は書くときに気をつけるといいでしょう。

あくまで入社や退社という言葉だけではないので縛られないようにしましょう。

履歴書は社会人になる際に何回でも記入する時が来るもので、だんだんと退職が多くなるにつれ書くことが増えていきます。

初めはこういった書き方の違いなどに気付けずに間違えてしまっても、その後同じように書く時が来ると少しずつ慣れていくものです。

自分の入社したい会社や企業に入るためには知っておいた方がいい知識なので、頭に入れておくと書くときに楽ですよね。