御社と貴社の履歴書での違い

御社と貴社の履歴書での違い
履歴書を書く際に、御社と貴社でどちらを使えばいいのかわからないという人が多くいます。この二つは、いずれも敬語なのですが、使い分けをしなくてはいけない言葉となっています。

ますはじめに、「御社」という言葉。

御社は話し言葉での敬語になり、面接や電話応対などで話す際には「御社」を使うことになります。

いっぽうの「貴社」という言葉。

貴社は書き言葉での敬語となり、履歴書などではこちらを使うことになります。

志望動機を履歴書に書く際には、貴社の○○に興味を抱き…と書き、実際面接や電話で話す際には、御社の○○に興味を抱き…という風に話すことになります。

意味は同じで、面接先の会社を差しているのですが、話すとき、書くときで使い方は分かれているので、間違えないように注意しましょう。

貴社という言葉は堅苦しいという理由から、御社を貫き通して書いている人もいますが、一般的には貴社を使うことが正しいようです。

しかし、そういったことに厳しいような所ではない限り、間違えて書いてしまったから落とすというような会社はないでしょう。

こういったことは知らない人も多く、御社という言葉は聞き慣れているけれど貴社の使い道はわからないという人もいます。

そのため、どんなときでも御社を使ってしまっているという人もいるでしょう。

年齢を重ねるにつれ、こういった知識がないと謙遜されてしまうこともあるので、知識だけでもあるといいでしょう。

履歴書には必ず志望動機として、使う機会があるものなので今まで御社を使ってきてしまっていた人は、今後書く際に注意できるといいでしょう。

御社という言葉はやわらかい雰囲気があるので、こちらを使いたくなりますが、こういった違いがあるということを知るきっかけがあるといいですよね。

履歴書を渡すのと面接は大体は同時に行いますが、それが面接先の会社にとって第一印象として強く残るものになります。

なので、正しい言葉を使えるというのもそこの印象に入るということです。

そこが落とす対象になるか、ならないかは別としてそういった印象は残ってしまうので気をつけましょう。