役職での「殿」と「様」の違い

役職での「殿」と「様」の違い
目上の人に「殿」を使うのはタブーとされていて、嫌味を含んだ表現として捉えられてしまう可能性が多くあります。

「様」を用いるほうが適切とされ、近頃は殿よりも様を使うことが多くなっています。

社長や部長クラスの人はそもそもは敬称ではないものの役職への敬意を払うために事実上、経緯を含むものとされており、「社長様」などは重複表現になるとされています。

封筒で郵便を送る際に、「○○殿」と送ることは現在でもあります。それは名前と混同されないように「殿」といった表現を用いる場合になります。

現在は役職で殿という言い方もせず、殿という役職は鎌倉時代に使われていた役職名です。

現在では、会社のトップの人は社長や部長になっているので、殿という言葉はやはり、何かを送る際にしか使うことはないでしょう。

むしろ現在では使うことは珍しいこととされています。

「社長様」も「社長殿」もどちらも重複しているので間違った表現となります。

なので、今後そういった言葉を使う機会がある場合には、「様」を使うようにしましょう。

「○○様」といわれる方が固くもないし、いわれてすんなり受け入れられる表現なので、相手にも不快な思いをさせずに済むでしょう。

役職名に合わせて様や殿をつける際には、役職名、名前、殿という順番は正しい使い方となります。

しかし、この場合にも目上の人には殿ではなく様を使うようにしましょう。

様は目上の人やその他誰にでも使える言葉となっていて、反対に殿は親しい間柄で、尚且つ目下の人になり、使える人が限られてくるので、一般的に様を使っていれば無難と考えられています。

こういった「様」や「殿」の使い分けは間違えて覚えてしまっている人も多くいるので、こういった違いを頭に入れておくと、企業などで働く際に困らずに済むでしょう。

今では主流となっている「様」を使えば間違いはないので、そういった使い分けでもいいかと思います。

「殿」といったかしこまった使い方は身内にも使いにくいと思うので、ふだんの手紙でも「様」で十分でしょう。