役員の辞任と退任の違い

役員の辞任と退任の違い
役員というところで辞任と退任といった言葉があり、混同されやすくなっています。

いずれもやめるという意味の言葉を意味していますが、少し違いがみられます。

役員を辞任するというのは自らの意思で役員を辞めることを意味しています。

反対に役員を退任するという場合は、任を降りる又はやめることを意味します。
その場合は、期間満了の場合や辞任等も含まれます。

辞任は学校で言う自主退学と同じで自分が辞めると決めて辞任することを言い、退任はその任務を降りるだけの場合もあれば、その後やめる場合も考えられるということです。

退任には辞任というのも含まれていて、どちらにも使える言葉ですが、辞任は自らの意志でというのが絶対になってきます。

いずれにしても満了になってからやめてもなる前にやめてもどちらでも可能なようです。

役員は満了になった後継続してしまうとそのまま引き継ぎになってしまうので、やめたい場合はそこで切ったり、満了していて引き継いでも私情などでやめたいと思ったならやめると申し出るなどの対処が必要です。

これら二つの違いは、自らの意思でやめるのか、それとも期間満了や自らの意志のどちらかでやめるのかという違いだけになります。

言葉が似ているだけあって違いに大差は感じられません。

退任にしても辞任にしても役員にかかわらず一般的に使われる言葉でしょう。

しかし、一般の会社などでは、辞職や退職といった言葉を使うようになっているので、こういった任務を任される内容の仕事の場合は後ろに「任」をつけて用いるのでしょう。

こういった言葉の使い分けは難しく、間違って使っている場合もあります。

退任や辞任の他にも言葉は多くあるのでそういった言葉とも混同されないようにしましょう。

期間が満了していない場合に使う言葉や、自分の意志とは反してやめなければならなく場合など言葉の種類は多く存在し、混同しやすくなっていますが、こういった違いを頭に置いておくといいでしょう。