役員の「常勤」と「非常勤」の違い

役員の「常勤」と「非常勤」の違い
よく常勤、非常勤という言葉を聞くことが多いかと思いますが、どのような違いがあるか知らない人も多いかと思います。

常勤とは、毎日決まった時間勤務し、出勤日数や、やるべき業務、責任が明らかになっています。

いっぽう非常勤は、勤務実態を把握しづらいのが一般的です。
そのため非常勤の場合は日頃から勤務実態や業務への関与状況を明確にしていないといけません。

また決まった日や時間だけ勤務することといわれています。しかし非常勤の人は、週に1日だけしか出勤しない、出勤しても半日のみ、いつからいつまで何日間も連続で勤務するとか、いろいろな勤務の仕方があります。

また常勤の人がお正月休みがあっても、非常勤の人が変わりに勤務するということもありえます。

常勤と非常勤の違いは勤務時間だけともいわれています。日給制か月給制が、社会保険や雇用保険に入っているかなどは、いっさい関係ありません。
労働基準法では、「休憩時間を除き、1週間について40時間を超えて労働させてはならない」とされているため、常勤での1週間の勤務時間は最大で40時間ということになります。

ただし、常勤の労働時間が32時間に満たない場合は、32時間を基本とするとされています。

常勤役員の報酬については、改定の時期や改定内容などによって経費として認められない場合がありますが、金額自体に関して報酬が高すぎるという議論は現実としては、なかなかしづらい面があります。なぜかというと、常勤役員の場合は、当然、業務の実態があり業務の責任もありますので、それに対する報酬が高い低いとはいいづらいからです。

また、常勤、非常勤という区別がある役職は、ほとんどの場合、会社の役員だといわれています。
常勤の人を正社員やフルタイム、非常勤の人をパートタイムともいいます。

常勤の人は基本給で支給されますが、非常勤の人は、時間給の場合が多いです。
そのため、常勤の人のほうが給料がいいように思うかもしれませんが、非常勤の人が働く日数や時間を考えると、常勤の人より多く給料をもらうことができる可能性もあります。